セルライトはマッサージで除去できる?プロが効果のあるやり方を解説

セルライト マッサージ

知らない間に二の腕や太もものお肉がボコボコして見えるようになってきたという方はいませんか?

それはいわゆるセルライトです。

セルライトのデコボコが気になる人は多いはずです。

なぜなら成人女性の約9割はセルライトを持っていると言われているからです。

気になるセルライトを目立たなくするためにはマッサージが効くのでしょうか?

むやみにセルライト潰しをすると逆効果とも言われていますが、本当なのでしょうか?

今回はセルライト撃退のための正しいマッサージの仕方やセルライトを目立たなくする方法を紹介していきます。

最後まで記事を読む時間がない方に

現在、痩身エステサロン『Vitule』では初回の方限定で1時間の体験コースを3,000円でご提供いたしております。

痩身エステやキャビテーションを試してみたいという方は、是非この機会にご利用ください。

痩身エステ体験

セルライトは間違ったマッサージは逆効果

セルライト潰しというとハンドマッサージでグリグリとセルライトの箇所を圧迫したりもんだりするような痛いマッサージをイメージする人が多いのではないでしょうか。

ネット上にはセルライトは潰したほうが良いという情報がよく載っていますが、自分でセルライトを潰すのはおすすめしません。

実はセルライトはただの脂肪ではなく、脂肪と何らかの原因で代謝が悪くなり排出されなかった老廃物とがしっかりと結びついてしまったものなのです。

セルライトができたばかりの段階では脂肪を押したりするとできているのが分かる程度です。

しかしセルライトをそのまましばらく放置してしまうと、ひと目見ただけでもわかるくらいデコボコの状態になってしまいます。

このとき、皮膚は老廃物と混ざって大きくなった脂肪細胞に押されて、皮膚と脂肪細胞とをつなぐコラーゲン繊維がひっぱられます。

その結果、皮膚がみかんの皮のようにデコボコになってきます。

この後期の状態までセルライトが進行してしまうとセルフケアで落とすのはなかなか難しいです。

初期の段階のセルライトをそのまま放っておいたために、肉をつまんだりしなくも皮膚表面がデコボコになった状態は「オレンジピールスキン」と呼ばれています。

こうなってしまうと代謝の低下により酸素や栄養が不足してコラーゲン細胞も衰えて、皮膚表面のハリやツヤが失われていきます。

このようにセルライトは脂肪と皮膚をつなぐ繊維がひっぱられてしまい、肥大化した脂肪が肌の表面にボコボコと目立っている状態なので、潰しても痛いだけです。

どんなに強く潰しても意味がありません。

さらには、むやみにセルライトを潰そうとすると内出血してあざになってしまい、見た目的に逆効果になってしまうこともあります。

セルライトの正しいマッサージできちんと除去

セルライトは放置しておくと、セルライトになった部分の代謝低下によってさらにセルライトが大きくなるという悪循環に陥り、肌表面がボコボコしてきて、どんどん目立つようになってしまいます。

セルライトが気になっているなら、早めの対策が大事になります。

セルライトを目立たなくするには、痩身エステで専用マシンを使って脂肪を溶かした後にマッサージを行うと効果的です。

中でも痩身エステで行われているキャビテーションやラジオ波を利用すればセルライトになってしまった脂肪も代謝されやすくなります。

例えばラジオ波は高周波の電磁波を使って体を内側から温めて、新陳代謝をアップさせてくれます。

またキャビテーションという痩身メニューは脂肪細胞を溶かす作用があります。

キャビテーションもあわせておこなうと効果的

ピンポイントで脂肪細胞に働きかけてくれるキャビテーションは、セルライトをなくしたい人におすすめです。

キャビテーションとは専用のマシンから出る超音波によって体内の脂肪細胞に直接アプローチして中性脂肪やセルライトを細胞ごと破壊する施術方法です。

キャビテーションマシンから出る超音波は体の深部まで届き、体内に気泡を発生させます。

そしてその気泡が弾けるエネルギーで脂肪細胞が破壊されます。

セルライトになってしまった脂肪細胞はキャビテーションの超音波によって破壊され、周りに蓄積された水分や老廃物と一緒に血中へと溶け出し、リンパ管や血管を通じて体外へ排出されやすい状態になります。

通常のダイエットでは脂肪細胞のサイズは小さくなりますが、脂肪細胞の数自体が減ることはありません。

しかし、キャビテーションは普通のダイエットでは減らせない脂肪細胞を破壊し、減らすことができます。

またキャビテーションの超音波は当てた部分の脂肪だけに作用するので、太ももやお尻などセルライトの気になる部位だけを集中的にケアするのにおすすめです。

ハンドマッサージはキャビテーションの後に

痩身エステではキャビテーションの後にハンドマッサージなどを合わせて行うことが多いです。

キャビテーションでやわらかくなった脂肪細胞を老廃物とともに、マッサージで効率良く体外に排出させるためです。

キャビテーションの後にハンドマッサージを行うことではじめて適切に脂肪が代謝されます。

痩身エステにはいろいろなメニューがあるので、セルライトを形成している脂肪と老廃物の両方にアプローチして、しつこいセルライトを目立たなくさせるのに向いています。

特にセルライトを集中的にケアしたいなら、キャビテーションの専用マシンとハンドマッサージの両方のメニューが揃った痩身エステサロンを選びましょう。

キャビテーション後はセルフケアも効率UP

とは言っても自分で行うマッサージがセルライト除去に全く効果がないわけではありません。

セルライト対策でセルフマッサージをするのにおすすめなのは、痩身エステで施術を受けた後です。

痩身エステでの施術後は特に代謝が良くなっています。

もちろん施術後すぐが最も代謝が高くなっていますが、キャビテーションなどの痩身エステの効果はその後数日間続くと言われています。

この期間なら自宅でセルフマッサージをしてもセルライトへの効果を期待できます。

エステティシャン直伝!セルフマッサージのコツ

セルフマッサージは老廃物を排出させるのが目的ですので、リンパの流れに沿って、下半身なら下から上へ向かって一定方向にマッサージするのがコツです。

自宅でセルライトのマッサージをするときにはマッサージオイルやクリームを塗りましょう。

皮膚への摩擦によるダメージを小さくできます。

またマッサージローラーなどのマッサージ機器を活用するのも良いでしょう。

手の届きにくい部分までマッサージすることができます。

セルライトができやすい部位は普段の生活であまり動かさない太ももの裏やお尻、お腹周りなどです。

それぞれの部位についてマッサージの手順をご紹介します。

セルライト自体を潰すよりも、リンパの流れを良くして代謝を上げることを優先しましょう。

また自宅でマッサージをする場合は、摩擦による肌の負担を軽減させるために、クリームやオイルなども使いましょう。

肌の引き締めや保湿効果があるだけでなく、セルライトなど脂肪の燃焼効果を見込める成分が入ったものもあります。

太もも

  1. 太ももは表側、外側、内側、裏側に分けてマッサージを行います。まず両手を片方の膝の上に置き、指と手のひら全体を使って太ももをつかみます。
  2. 2.軽く押しながら太もものつけ根に向かって揉みあげます。
  3. 表側、外側、内側、裏側をそれぞれ行い、反対の足も同様に行います。表側、外側、内側、裏側をそれぞれ3~5回ほど行いましょう。

お尻

  1. 立ち上がった体勢で片方の手をグーにして同じ側の太もも裏のつけ根に添えます。親指以外の第2関節でお尻を下から上に持ち上げます。
  2. 反対側も反対の手で同じように行います。
  3. 両手をグーにしてウエストに当てて、上から下に10回さすります。

お腹周り

  1. 左手を右のウエスト添えて、手のひら全体で肉を体の中心に集めるようにさすります。反対に右手は左のウエストに添え、同じように手のひらで体の中心に向かってさすります。
  2. 両手の平をくぼませて、片側のウエスト部分の肉を下から上へ持ち上げるように軽く叩きます。反対側も同様に下から上へ軽く叩きます。

痩身エステとセルフマッサージの組み合わせを3ヵ月ほどの期間繰り返し行うことで、セルライトへの効果が実感できるようになるでしょう。

マッサージ以外のセルライトを除去する方法

他にもマッサージ以外でセルライトを除去する方法もあるので確認していきましょう。

セルライトは脂肪の増加と代謝の低下によってできます。

セルライトをなくすには以下のような方法で日頃から代謝を上げることを意識すると良いでしょう。

食生活

脂質と糖質のとりすぎは肥満につながります。

肥満体質になると、どんどん脂肪細胞が大きくなって、皮膚と脂肪細胞をつないでいるコラーゲン繊維もひっぱられます。

すると、その分ボコボコも大きくなりセルライトが目立ちやすくなってしまいます。脂質と糖質のとり過ぎに注意しましょう。

また食物繊維やカリウムなどのミネラルはセルライトの原因となる老廃物を体外へ排出してくれる働きがあります。

積極的に食事に取り入れましょう。

運動習慣

セルライトは代謝の低下によってうまく排出されなかった老廃物が脂肪細胞に結びつくことで生まれます。

できてしまったセルライトをなくすには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動も効果的です。

有酸素運動は筋肉を繰り返し収縮させて血流を良くし、代謝を上げてくれます。

ただし、疲れが残るほどの運動は筋肉の老廃物を排出する力を弱めてしまい、かえってセルライトを増やしてしまう可能性もあります。

老廃物を溜め込まないためには、ゆっくり楽なペースで走るようにしましょう。

さらに脂肪を燃焼させるには有酸素運動を30~60分ほど続けるのが良いと言われています。

まとめ

セルライトは、ただの脂肪ではなく、肥大した脂肪細胞と代謝が悪くなり排出されなかった老廃物が一緒に凝り固まったものです。

進行したセルライトは脂肪と皮膚をつなぐ繊維がひっぱられて、肥大化した脂肪が肌の表面にボコボコと目立っている状態です。

潰しても痛いだけですし、むやみにセルライトを潰そうとすると内出血してあざになってしまい、見た目的に逆効果になってしまうこともあります。

自分でセルライトを潰すのはおすすめしません。

セルライトを目立たなくするには、代謝を上げるのが大事です。

食生活に気をつけたり、有酸素運動で代謝アップを目指しましょう。

また直接セルライトにアプローチして効果を得たいなら痩身エステも利用してみましょう。

痩身エステで行われているキャビテーションやラジオ波を利用すればセルライトになってしまった脂肪も代謝されやすくなります。

特にキャビテーションは脂肪細胞を溶かして老廃物と一緒に体外へ排出しやすい状態にしてくれます。

凝り固まってなかなか落ちない脂肪にピンポイントで働きかけてくれるキャビテーションは、セルライトをなくしたい人におすすめです。

なおセルライトを除去するのが目的なら、キャビテーションの専用マシンとハンドマッサージの両方を受けられる痩身エステサロンを選びましょう。

さらに効果を早く実感したいなら痩身エステの後に自宅でセルフマッサージをするのもおすすめです。

キャビテーションの脂肪を排出する効果は施術後も数日続くと言われていますので、この期間にマッサージで老廃物を体の外へ押し流してしまいましょう。

痩身エステサロン ヴィトゥレではセルライト除去の効果が高い最新のキャビテーションと、痩身についての豊富な知識と高い技術力を持ったエステティシャンによるハンドマッサージを組み合わせたコースもご用意しています。

セルライトをなくしたい方はぜひ一度カウンセリングと体験コースをお試しください。