キャビテーションは痛いって本当?プロがわかりやすく解説します

キャビテーション 痛い

痩身エステサロンに行ってキャビテーションを受けたいけれど、キャビテーションは痛いという口コミを見たことがある方いらっしゃると思います。

痩せたいけどそんなに痛い思いをしてまで…と戸惑っている人はいませんか?

痩身エステで受けるキャビテーションは本当に痛いのか?キャビテーションの痛みについて、またよく言われるキャビテーションの副作用やトラブルについても、今回は解説していきます。

さらに痩身エステでは様々な痩身マシンを使用しますが、キャビテーションと他の痩身マシンとの違いやキャビテーションの効果をより高める方法などもご紹介します。

最後まで記事を読む時間がない方に

現在、痩身エステサロン『Vitule』では初回の方限定で1時間の体験コースを3,000円でご提供いたしております。

痩身エステやキャビテーションを試してみたいという方は、是非この機会にご利用ください。

痩身エステ体験

キャビテーションは痛いのか?

キャビテーションは脂肪を落としたい部分に超音波を当てることにより脂肪細胞自体を破壊して痩せる施術方法です。

キャビテーションとは元来、空洞現象のことで、圧力の差によって液体の中に気泡が発生する現象のことを言います。

痩身エステにおけるキャビテーションは、脂肪に専用のマシンで超音波を当てて、脂肪細胞内に発生した気泡が破裂する衝撃を利用して脂肪を破壊し分解する施術です。

壊れた脂肪細胞は血中へ溶け出し、リンパ管や血管を通じて体外へ排出されやすい状態になります。

キャビテーションは超音波を当てるだけなので、ハンドマッサージなど物理的に脂肪をほぐしたりする方法と違って痛みを感じることはありません。

人によっては超音波の振動音が骨伝導によってキーンという金属音として聞こえるという方もいます。

これも痛みを伴うようなものではなく、音自体は人体には全く影響のないものです。

超音波を使うと熱いのではと心配する人もいるのではないでしょうか?

しかしキャビテーションで体内に発生した熱による体温の上昇は深部でもせいぜい3~5度程度です。

むしろ心地良い温かさを感じられるでしょう。

セルライトがあると痛いという声も時々聞かれますが、それはキャビテーションによるものではなく、キャビテーション後に分解された脂肪や老廃物を体外に排出するために行うハンドマッサージによる痛みだと思われます。

キャビテーションで起こりがちなトラブルとは?

キャビテーションは超音波を使っていると聞くと副作用があるのではと心配する人もいますが、その心配はいりません。

キャビテーションの機械から発生する超音波は体内の脂肪細胞にだけ働きかけるよう周波数や出力数などが調整されています。

安心してキャビテーションを受けてください。

しかし人によっては血管やリンパ管に溶け出した体脂肪が分解される過程で、普段よりも内臓に大きな負担がかかるため、一時的にだるさを感じることがあります。

また体に溜まった老廃物や余分な水分が多い場合、新陳代謝が良くなってお腹が張ったような感覚になることがあります。

しかしこれも不要なものを体外に排出してしまえばすぐにおさまるので、特に心配する必要はないでしょう。

キャビテーションでしっかり効果を出すには?

キャビテーションは痛みも無く、大きな副作用もない安全な痩身エステと言えます。

せっかくキャビテーションを受けるなら、その効果を最大限に活かしたいですよね。

ここではキャビテーションの恩恵をしっかりと受けるためのポイントを確認していきましょう。

初めの方でお伝えしたように、キャビテーションではマシンを当てた部分にほんのり心地の良い温かさを感じます。

施術ベッドに横になってリラックスした状態で温かさを感じながら施術を受けていると、ついつい眠たくなってしまいそうですね。

でもキャビテーションの施術中は眠らないのがベターです。

なぜならば寝てしまうと交感神経と副交感神経のバランスが副交感神経優位になってしまうのですが、交感神経が活発な状態の方が脂肪細胞が分解されやすいからです。

効率よく脂肪の分解を進めるために、施術中は気持ち良くて眠くなっても我慢して起きていましょう。

またEMSという自動で筋肉運動させる痩身メニューと組み合わせれば、キャビテーションによって血中に溶け出した中性脂肪を効率よく燃焼させることもできます。

EMSは(Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激)の略で、痩せたい部分にパッドを貼って筋肉や運動神経に電気刺激を与えることで筋肉を収縮させ、自動運動させます。

しかもインナーマッスルなど自分一人では鍛えにくい筋肉にまでアプローチすることが可能です。

電気刺激によって筋肉量が増えると、基礎代謝量が上がって痩せやすい体質になります。

また血行も良くなって、むくみの原因である老廃物の排出が促進され、ボディラインもすっきりします。

キャビテーションによって体内の脂肪が分解される痩身効果は施術後3日ほど続きます。

ですので毎日キャビテーションの施術を受けても、あまり意味はありません。

むしろ内蔵など体にかかる負担が大きくなる可能性もありますので、週に1、2回くらい受ける方が効果的です。

キャビテーションのメリットデメリット

キャビテーションは痩せたいと思っている人に大きなメリットがありますが、デメリットもあるので、きちんと確認しましょう。

メリット

即効性が高い

キャビテーションは専用の痩身マシンで体の脂肪に働きかけて老廃物と一緒に脂肪を体の外へと排出しやすくします。

そのためキャビテーションは短期集中で成果が目に見えやすいです。

早い人ならむくみなどが取れて一回目から効果を感じることができます。

結婚式でドレスを着たい、旅行に行くので水着を着たいなど、この日までに急いで痩せたいという方は短期間で計画的に施術を受けるようにしましょう。

部分痩せが期待できる

通常のダイエットでは食事制限や運動などを行いますが、体脂肪は均等に燃焼されてしまうため部分痩せは難しいとされています。

しかしキャビテーションはセルフダイエットでは難しい脚痩せ、二の腕痩せなどの部分痩せも可能です。

なぜなら集中的に痩せたい部分だけに超音波を当てることができるので、気になる部分を中心に脂肪を落とせるというわけです。

下半身が太い、ウエストのくびれがない、夏場に二の腕が気になるなどでお悩みの方は、ぜひキャビテーションを試してみてください。

リバウンドの心配が少ない

キャビテーションのメリットとしてまず挙げたいのが、リバウンドの心配がないことです。

キャビテーションは体内にある脂肪自体を減少させる効果があります。

一度壊れた脂肪細胞は再生しないため、キャビテーションで脂肪を壊してしまえば脂肪の数自体が減り、リバウンドしにくくなると言われています。

ですから、これまで何度もリバウンドを経験してきたという方にもキャビテーションはおすすめです。

デメリット

人によっては内臓に負担がかかる

キャビテーション施術後は肝臓への負担が大きくなると言われています。

キャビテーションによって破壊された脂肪細胞は肝臓で分解された後、腎臓でろ過され体外へと排出されるので、肝臓や腎臓への負担が増します。

肝機能や腎機能が悪い方はキャビテーションには向かないでしょう。

同じ理由で肝臓や腎臓への負担を考え、施術後は暴飲暴食を避けてアルコールもひかえた方が良いでしょう。

また代謝が良くなり脂肪が体外へ排出されるため、便秘が解消されますが、お通じが良すぎて下痢気味になる方もいます。

急に痩せたことによって皮がたるんでしまう

キャビテーションに限らず、急激なダイエットを行うと皮膚が余ってしまい、たるみの原因になることがあります。

早く結果を出したいと焦りすぎて、キャビテーションだけでなく他のダイエットを併用して行うなど、体に負荷がかかり過ぎるような急激な痩せ方をしなければ、脂肪が落ちた後に皮膚がたるんでしまうという心配はしなくてもいいでしょう。

骨伝導の音が気になる

キャビテーションは超音波を使った施術なので体に当てたときに少なからず骨伝導を起こします。

人によって施術中にキーンという金属音のようなものが聞こえることがありますが、これは超音波が骨に当たり振動を起こしているためです。

耳に近い部分への施術の方が大きく聞こえます。

頭痛持ちなど金属音が苦手な方は事前にサロンに相談してみると良いでしょう。

キャビテーションと他の機械の違い

キャビテーション以外にも痩身エステで人気のマシンにラジオ波やハイパーナイフがあります。

この2つはキャビテーションマシンと何が違うのでしょうか?

キャビテーションはこれまで説明してきた通り、超音波を利用したマシンで、体の脂肪に働きかけて脂肪細胞を直接分解する施術方法です。

ラジオ波は高周波の電磁波のことです。

痩身エステにはこの高周波を利用したラジオ波マシンでのサービスを提供しているサロンも数多くあります。

そしてハイパーナイフというのはラジオ波マシンの機種の1つで、機種名です。

ラジオ波は同じく電磁波を利用する電子レンジの仕組みで説明されることが多いですが、体内の水分を振動させることで冷えて固まった脂肪を温めて燃焼しやすくしたり、代謝を上げたりしてくれます。

ラジオ波も痩身エステでは有名な施術方法で一定の効果が期待できますが、ラジオ波だけを受けても痩せるまでには時間がかかってしまいます。

脂肪細胞自体を破壊するキャビテーションと脂肪の燃焼や代謝を促進するラジオ波とは痩せるためのアプローチの仕方が異なります。

キャビテーションによって壊され排出しやすい状態になった脂肪を、さらにラジオ波で代謝を促進して流し出すと相乗効果によって早くサイズダウンができます。

キャビテーションとラジオ波はどちらも痛みを伴わない施術なので、痛みを避けたい方はこの組み合わせで受けるのがおすすめです。

またキャビテーションには業務用マシンと家庭用マシンがありますが、これらの違いも知りたいですよね。

自宅に機械があれば、いつでもキャビテーションを照射できるので購入を検討中の方もいると思います。

ではキャビテーションマシンの業務用と家庭用とでは何がどう違うのか見ていきましょう。

キャビテーションマシンは超音波を出す機械ですが、家庭用と業務用では出てくる音波の振動数(周波数)に違いがあります。

超音波は一般に20kHz(キロヘルツ)を超える音波を指しますが、周波数が高くなればなるほど届く距離が短くなります。

つまりキャビテーションで利用する場合には周波数が低いほど体の奥まで音波が届き、脂肪細胞に働きかけてくれるので、より高い効果を得ることができるのです。

自宅用のキャビテーションマシンの出力周波数は約300KHz。

それに対して業務用キャビテーションは30KHzほどの出力です。

一般の人でも購入できる業務用キャビテーションマシンの中には40KHzくらいまで出力できるものもありますが、やはりきちんとした痩身エステサロンにある業務用のマシンの方がパワーがあります。

せっかく自分で機器を買ってきても目的の脂肪まで超音波が届かないとなると、効果を感じるのはなかなか難しいですね。

性能の高いマシンを使用している痩身エステで受けるキャビテーションは自宅で行うよりも効果が高いと言えるでしょう。

痩身エステサロンを選ぶときにはキャビテーションマシンの性能にも注意してみてください。

まとめ

キャビテーションは超音波を当てることにより脂肪細胞自体を破壊して痩せる施術方法です。

壊れた脂肪細胞は血中へ溶け出し、リンパ管や血管を通じて体外へ排出されやすい状態になります。

キャビテーションは超音波を当てるだけなので、ハンドマッサージなど物理的に脂肪をほぐしたりする方法と違って痛みを感じることはありません。

超音波による骨伝導音も痛みを伴うようなものではなく、音自体は人体には全く影響のないものです。

また適切な施術であればやけどを負うような熱さを感じることもありません。

むしろ心地良い温かさを感じられるでしょう。

施術で痛みを感じるとすれば、キャビテーションではなく、キャビテーション後に分解された脂肪や老廃物を体外に排出するために行うハンドマッサージなどによるものでしょう。

ですから痛みが苦手な方はハンドマッサージは避け、キャビテーションの後に痛みのないラジオ波で代謝を促進して分解された脂肪を流し出すと相乗効果によって短期間でのサイズダウンが期待できます。

痩身エステサロン ヴィトゥレでは、痛みなく高い効果を出せる最新のキャビテーションマシンをご用意しています。

痛みを感じるのが嫌で痩身エステをためらっている方には、新陳代謝を促進するラジオ波とキャビテーションを組み合わせて受けられる痩身体験コースをおすすめします。

どちらも痛みを伴わない痩身マシンでの施術ですので、安心してお試しいただけます。

キャビテーションとラジオ波の相乗効果が気になる方は、ぜひご自身で体験してみてください。

ヴィトゥレの痩身エステを初めてご利用の方なら体験コース3,000円でお申し込みいただけます。

施術に関して不安に感じていることがあれば体験コースの事前カウンセリングで何でもご相談ください。

痩身についての豊富な知識と高い技術力を持ったエステティシャンがお客様をお待ちしております。