セルライトの原因とは?太ももやおしりをスッキリさせる方法を解説

セルライト 原因

太ももの裏やお尻、お腹にボコボコと目立つセルライト。

セルライトはなぜできてしまうのでしょうか?

多くの女性が気にしているセルライトですが、実は一度できてしまうと除去するのがむずかしいです。

でもしつこいセルライトをなんとかして目立たなくしたい!と思って解決法を探していませんか?

ダイエット、運動、マッサージなど、セルライトなくすための方法はいろいろありますが、一体どの方法が効果的なのでしょうか?

どんなケアをすればセルライトを落とせるのか、詳しく見ていきましょう。

最後まで記事を読む時間がない方に

現在、痩身エステサロン『Vitule』では初回の方限定で1時間の体験コースを3,000円でご提供いたしております。

痩身エステやキャビテーションを試してみたいという方は、是非この機会にご利用ください。

痩身エステ体験

セルライトができる原因

セルライトができる原因は体内の脂肪細胞の肥大化ですが、セルライトはただの脂肪ではありません。

まずはセルライトがどのようにしてできるのか仕組みを説明しましょう。

体は外側から内側へ向かって表皮、脂肪、筋肉の順に並んでいます。

そして表皮と筋肉はコラーゲン繊維でつながっています。

その間にある脂肪細胞が、何らかの原因で代謝が悪くなり排出されなかった老廃物と混ざり合って肥大化すると、周りを囲むコラーゲン繊維で押さえつけられてしまいます。

その結果、皮膚の表面までボコボコと目立つセルライトになってしまうのです。

セルライトとは?簡単に解説

セルライトは何らかの理由で老廃物と混ざった脂肪細胞が大きくなって目立ってしまったもののことを言います。

むくみの症状がある人だと老廃物や余分な水分が排出されずに体内に溜まって、脂肪と混ざり合い凝り固まってセルライトになります。

また肥満のせいで脂肪が増えてリンパ液の流れが悪くなるなどしてセルライトになってしまうこともあります。

冷え性の方がなりがちなむくみ型セルライト

冷え性やむくみがある人にできやすいのがむくみ型セルライトです。

むくみはリンパの流れや血行が悪いと起こりますが、体内には余分な水分や老廃物が溜まって、むくみやすくなります。

むくみがある状態では代謝が低下しているので脂肪が燃焼されにくくなり、脂肪細胞に水分や老廃物が蓄積してセルライトになります。

肥満が原因の脂肪型セルライト

単純に太ったことが原因で脂肪細胞が大きくなってしまい、セルライトが目立つようになってしまうこともあります。

このような脂肪型はセルライトがある人の約半数に当てはまると言われています。

脂肪型の人は運動不足や食べすぎによる肥満が、セルライトができる大きな要因になっています。

他にもいろいろなセルライトの原因

他にもセルライトができる原因には、遺伝や体質で太りやすい、加齢による代謝の低下などがあります。

どの場合にしても血行が悪くなり体内の余分な水分や老廃物がうまく排出されない状態が続くと、それらが肥大化した脂肪細胞と結合してセルライトができてしまうのです。

セルライトはもともと代謝が悪いところにできるものですが、セルライト部分の肥大化した脂肪細胞は毛細血管を圧迫するなどして、さらに代謝を阻害してしまいます。

つまりセルライトがセルライトを生み出すというリスクもあるのです。

セルライトができたばかりの頃は脂肪を押したりすると分かる程度です。

しかし、それをそのまま放置すると、セルライトが原因となってセルライトが増えていき、肌に触らなくても、ひと目見ただけでわかるくらいデコボコの状態になってしまうのです。

前述のように表皮と筋肉の間にある脂肪細胞が大きくなって繊維で押さえつけられた状態です。

ここまでセルライトが進行してしまうとセルフケアで落とすのはなかなか難しいです。

初期の段階のセルライトをそのまま放っておいたために、肉をつまんだりしなくも皮膚表面がデコボコになった状態は、みかんの表皮に似ていることから「オレンジピールスキン」と呼ばれています。

代謝の低下により、肌の細胞へ行き渡る酸素や栄養が不足してコラーゲン細胞も衰えるので、皮膚表面のハリやツヤは失われていきます。

太ももとお尻のセルライトがやばい(できやすい部位)

セルライトが特にできやすい箇所は、太ももやお尻、お腹周りなど普段の生活で動かさないことが多く血流が悪くなりがちなところです。

また二の腕などにできると半袖やノースリーブの服を着たときなどに目立ちやすく、気になりますよね。

セルライトをセルフチェックするときは、太ももの脂肪をつまんだときの状態をチェックしましょう。

セルライトのセルフチェック

以下にセルライトの進行の度合いをレベル別にしてみました。

自分のセルライトの状態がどれくらいなのか深刻度を確認してみてください。

【レベル0】…脂肪をつまんでも、皮膚表面に特に変化がない。

【レベル1】…脂肪をつまむと皮膚表面に軽いデコボコが見える。

【レベル2】…脂肪をつまむと皮膚表面にはっきりとデコボコが確認できる。

【レベル3】…脂肪をつまんだりして圧迫しなくても、軽いオレンジピールスキン(肌のデコボコ)が見える。

【レベル4】…脂肪がデコボコしているだけでなく、肌表面にシワができている。

【レベル5】…脂肪の塊があるのがわかり、肌表面にハリやツヤがなくなっている。

自分でお肉をつまんでみた感じは、いかがでしたでしょうか?

レベルが上がるにつれてセルライトをなくすのは、どんどん難しい状態になっていると言えます。

セルライトは女性の約9割に存在する一方、男性の場合はわずか2%ほどしか見られません。

これは女性の方が男性よりも脂肪の量が多いためです。

また女性は男性と比べて皮膚が薄いので、セルライトのデコボコが目立ちやすくなってしまいます。

セルライトを目立たなくするには

セルライトは脂肪細胞が大きくなってデコボコの状態が目立つようになったものなので、完全に消すことはできません。

しかしセルライトを目立たなくすることは可能です。

セルライトは放置しておくと、さらにセルライトを生みだし、どんどん目立つようになってしまいます。

セルライトが気になっているなら、早めの対策が大切です。

セルライトを目立たなくするには、どんな方法が良いのか一つずつ確認していきましょう。

痩身エステ

痩身エステはセルライトを目立たなくさせる最もおすすめの方法です。

なぜなら、痩身エステには脂肪細胞自体を破壊するメニューがあるからです。

例えば、代表的なものだとキャビテーションという痩身メニューが挙げられます。

ピンポイントで脂肪細胞に働きかけてくれるキャビテーションは、セルライトをなくしたい人におすすめです。

痩身エステの秘密兵器!キャビテーションとは?

キャビテーションとは専用のマシンから出る超音波によって体内の脂肪細胞に直接アプローチして中性脂肪やセルライトを細胞ごと破壊する施術方法です。

キャビテーションマシンから出る超音波は体の深部まで届き、体内に気泡を発生させます。

そしてその気泡が弾けるエネルギーで脂肪細胞が破壊されます。

セルライトになってしまった脂肪細胞はキャビテーションの超音波によって破壊され、周りに蓄積された水分や老廃物と一緒に血中へと溶け出し、リンパ管や血管を通じて体外へ排出されやすい状態になります。

通常のダイエットでは脂肪細胞のサイズは小さくなりますが、脂肪細胞の数自体が減ることはありません。

しかし、キャビテーションは普通のダイエットでは減らせない脂肪細胞を破壊し、減らすことができます。

さらに痩身エステではキャビテーションの後にハンドマッサージなどを合わせて行うことが多いです。

これはキャビテーションで破壊した脂肪細胞をハンドマッサージで体外に流すためです。

このおかげで、施術部位への効果をすぐに実感することができます。

またキャビテーションの超音波は当てた部分の脂肪だけに作用するので、太ももやお尻などセルライトの気になる部位だけ集中的にケアすることを得意としています。

セルライトができてコンプレックスになってしまっている部分を、スッキリとした自信の持てる見た目にすることが可能なのです。

ダイエット

セルライトが生まれるのは脂肪細胞の肥大化が原因です。

ですので、ダイエットによって脂肪細胞を小さくすればセルライトも目立たなくなるでしょう。

まずは脂肪になりやすい炭水化物と脂質の多い食事は控えましょう。

一日の総摂取カロリーを計算することも大事です。

さらにタンパク質、ビタミン、ミネラルをたくさん摂るように心がけると良いです。

特にカリウムなどのミネラルや食物繊維はセルライトの原因となる老廃物を体外へ排出してくれる働きがあります。

積極的に食事に取り入れましょう。

またアルコールやしょっぱいものなど、摂取することで体がむくんでしまうものは控えた方が良いです。

運動

ダイエットと並行して、運動をして痩せるのもセルライトを目立たなくするためには効果的です。

セルライト対策の場合、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と筋トレなどの無酸素運動を組み合わせると効果を最大化することができるでしょう。

セルライトは血行が悪くなり代謝が低下して、うまく排出されなかった老廃物が脂肪細胞に結びつくことで生まれます。

ランニングで脂肪を燃焼させカロリーを直接消費して脂肪細胞を小さくしつつ、筋トレで筋肉量を増やして代謝を上げれば、相乗効果で効率良くセルライトを目立たなくしていくことができます。

セルフマッサージ

セルフマッサージもセルライトを減らす上では大切です。

ただしセルフマッサージだけをしていてもあまり意味はありません。

痩身エステで脂肪細胞を溶かす施術を受けてから、家に帰ったときに自分でマッサージをするのが理想です。

なぜなら痩身エステで受けるキャビテーションの効果は施術後も数日続くと言われているからです。

血管やリンパ管に溶け出した脂肪をなるべく早く体外へ出すようにマッサージしましょう。

もし痩身エステの後にセルフマッサージを行うのでなければ、入浴や運動後などの体が温まっている状態が良いでしょう。

セルフマッサージのワンポイントアドバイス

セルフマッサージのポイントは太もも、ふくらはぎ、二の腕、お腹周りなど、セルライトが気になる箇所の血行を良くすることです。

セルライトは老廃物が滞るとどんどん進行してしまいます。

自分でセルライトにマッサージを行う場合はセルライト自体を潰すよりも、血行やリンパの流れを良くして代謝を上げ、老廃物を排出させることを優先しましょう。

特に鼠径部や脇など、リンパ管が集まっているところを刺激すると老廃物のつまりが解消されます。

ただしリンパ管は繊細ですので強く刺激しすぎないように優しくマッサージするようにしてください。

またリンパの流れは決まっていますので一方向に向かって行いましょう。

まとめ

セルライトができる原因は体内の脂肪細胞の肥大化ですが、セルライトは単なる脂肪の塊ではありません。

脂肪細胞が、何らかの原因で代謝が悪くなり排出されなかった老廃物と混ざり合って肥大化し、周りを囲むコラーゲン繊維が引っ張られて、皮膚の表面までボコボコと目立つセルライトになってしまうのです。

多くの人はむくみや肥満が原因でセルライトができます。

どちらの場合も血行が悪くなり体内の余分な水分や老廃物がうまく排出されない状態が続くと、それらが肥大化した脂肪細胞と結合してセルライトができてしまいます。

セルライトはもともと代謝が悪いところにできるものですが、セルライトになった部分がさらに代謝を阻害するので、セルライトがセルライトを生み出すという悪循環に陥ります。

セルライトが特にできやすい箇所は、太ももやお尻、お腹周り、二の腕など普段の生活で動かさないことが多く血流が悪くなりがちなところです。

 

セルライトの度合いは脂肪をつまんでみるだけで簡単にチェックできます。

ひと目見ただけでわかるようなデコボコの状態までセルライトが進行してしまうとセルフケアで落とすのはなかなか難しいです。

 

セルライトを目立たなくするにはダイエットや運動によって体内の脂肪量を減らすのが良いです。

脂肪になりやすい炭水化物と脂質の多い食事は控えてカロリーを取りすぎないように気をつけましょう。

カリウムなどのミネラルや食物繊維はセルライトの原因となる老廃物を体外へ排出してくれる働きがあるので積極的に食事に取り入れましょう。

セルライトに効果的な運動のポイントは、脂肪燃焼に良いウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と、代謝アップにつながる筋トレなどの無酸素運動を組み合わせることです。

 

セルライトを目立たなくさせるには痩身エステが最もおすすめの方法です。

なぜなら、痩身エステには脂肪細胞自体を破壊するメニューがあるからです。

特にキャビテーションという痩身メニューはピンポイントで脂肪細胞に働きかけてくれるので、太ももやお尻などセルライトの気になる部位だけ集中的にケアしたい人にはうってつけです。

さらに痩身エステではキャビテーションで破壊した脂肪細胞をハンドマッサージで体外に流すために、キャビテーションの後にハンドマッサージなどを合わせて行うことが多いです。

このおかげで、施術部位への効果をすぐに実感することができます。

もしご自身でもセルライト対策でマッサージをするなら、痩身エステで脂肪細胞を溶かす施術を受けてから行うのが良いでしょう。

なぜなら痩身エステで受けるキャビテーションの効果は施術後も数日続くと言われているからです。

 

痩身エステサロン ヴィトゥレではセルライトを目立たなくしてくれる効果が高い最新のキャビテーションと、痩身についての豊富な知識と高い技術力を持ったエステティシャンによるハンドマッサージを組み合わせたコースもご用意しています。

セルライトをなくしたい方はぜひ一度カウンセリングと体験コースをお試しください。